不動産売却の手付金について

家売るさいに支払う手付金には3種類あります。まず一番一般的に使われるのが解約手付です。これは簡単に言ってしまうと、売買契約が成立しない場合に手付金が売主から買主に返却されるという仕組みです。一方、違約手付は買主がもし支払いに応じないなど契約不履行状態になったときに罰として買主に支払われる金銭です。損害賠償とは別に違約手付を請求できるようになっています。そして証約手付は契約成立の証拠となる手付です。
手付金は少額であればいいというものではありません。少額だと気軽に契約して解除ということが可能になります。また、大きすぎても双方納得の売買ではないのに、契約せざる負えない状況に追い込まれる可能性があります。適正価格にするために、だいたい売買代金の5%から10%以内にすることを頭に入れておいてください。これより大きい金額だったり小さい金額である場合、何か事情があるのかどうか不動産会社に聞かなければなりません。
不動産売却が無事に成立したらこのお金は売主から返却されることになります。返却されるのは売買代金を全額支払うときです。よって売買代金の一部にするというのが普通です。その場合、契約書に残代金の支払い時に手付金を充当する旨がかいてありますのでよく確認しておいてください。手付金が返されていないと勘違いする買主もいるので要注意です。不動産会社が仲介しているので直接売主に文句を言ってくることはないかもしれませんが、トラブルになったときに慌てないようにしてください。